お店のご紹介

guidance

おそばの甲賀は、
明治7年から続く蕎麦屋、赤坂砂場で14年間修行した店主が、
平成19年12月に西麻布に12坪17席という小さな店をオープンしたのが始まりです。

お客様一人ひとりに行く届くサービスと、
おいしいお蕎麦をご提供するため、
素材、インテリア、食器などあらゆる面にこだわりをもって
今後も精進してまいります。

店主からのご挨拶

greenting

17席という小さな店舗を選んだ理由は、温かいものが、冷めない距離
お客様一人一人に自分の目がいきとどくサービス、を提供したいと思ったからです。

修行中どうしたら、もっとおいしいお蕎麦を提供出来るかと考えた末、
そばの実を石臼で挽いて、挽きたての粉で打ったお蕎麦を
お客様に提供する事だと考え石臼を導入致しました。

そして、もう一つのこだわりとして、お蕎麦本来のうぐいす色の蕎麦を作りたいと考えました。
何軒かの農家から直接蕎麦の実を取り寄せ、
その中で、埼玉県の入間郡の農家のものが

自分が、探していたウグイス色の蕎麦の実だったため

現在もこの蕎麦の実を使用し、お蕎麦を打っいます。

そもそも、蕎麦屋とはどんな年齢層にも愛される飲食店と考えています。

その中でも中高年の方々は、蕎麦屋酒(蕎麦屋で飲むお酒)の粋な楽しみ方をご存じだと思いますが
私達の若い世代にも日本の文化、伝統を知り楽しんでもらいたいのです。

西麻布という場所がら大使館が多い為、
外国人の方々にもご来店して頂いているので世界中に東京の粋を発信していきます。
これからも、こだわりを持った、おそばの甲賀の挑戦は、まだまだ続きますので
宜しくお願いいたします。

このページの先頭へ